コンパニオン一本で生計を立てる

コンパニオンの雇用形態

コンパニオンは雇い主によって雇用形態が様々ですから、働く際には十分に注意する必要があります。
一般的には日雇によるアルバイトやパートがありますが、業務委託の形態をとる場合もあります。
コンパニオンに適した雇用形態は働く人によって異なるため、どの形態が良いかは簡単には言えないのです。
常用として働くコンパニオンもいますが、スポット的に週末のみ働く人もいますので、
通常であれば日払いによるアルバイトが多くなるのです。
経験でもできるのがコンパニオンの魅力ですが、雇用形態によってはメリットもデメリットもあるのです。

コンパニオンの仕事内容は、宴会やパーティー会場で
料理やお酒を提供する仕事となりますので、危険性が少なく安全に働けることが魅力です。
1回当たりの賃金で契約するのが多いため、1日に数回の仕事をこなせば高収入を実現することも可能です。
お酒や食事が伴うため、キャバレーと混同してしまう人が多いですが、
性質や目的が全く異なりますので、安全にできる仕事と言えます。
簡単に言えばウェイターの高級版とも言えますので、安全に働ける接客業なのです。

雇い主によって賃金は異なりますが、1回当たり4000円から8000円程度となりますので、
賞味労働時間の2時間から3時間を考えれば時給の良い仕事となります。
アルバイトや業務委託など雇用形態が異なりますので、
雇い主によって賃金が変わることに注意して働き先を選ぶことが大切です。

コンパニオン必読サイト

2015年2月13日
ミュゼ 天神